ワールドグローバルネットワーク社(WGN) 「ビジネスの機会」公式プレゼン資料解説

ここでは、ワールドグローバルネットワーク社からの公式プレゼンテーション資料
ビジネスの機会」 2017年8月版を解説します。

ビジネスの機会 Business Opportunity

ビジネスの機会

このページでは、Wor(l)dの事業説明に使用される公式プレゼンテーション資料の日本語版の補足説明を行います。
内容に不明な点があれば、英語版が優先されます。

ビル・ゲイツ

ビル・ゲイツ

マイクロソフトをベンチャー企業から現在のグローバルな世界でもトップのIT企業に成長させたビル・ゲイツ氏も「ビジネスの成功の秘訣は、世の中の行く先に、一番乗りすること」と言っています。

つまり、誰よりも先に次の世界を予測し、誰よりも早く、そこでビジネスを始めることが大事なんです。

Wor(l)dも、ウエアラブル・デバイス(端末)の時代を予測し、「健康管理」という、独自の製品戦略の下、ビジネスを加速させています。

ウェアラブル・テクノロジーのエクスパート

ウェアラブル・テクノロジーのエクスパート

米国のビジネスマガジンによると、ウエアラブル・デバイスの市場規模(出荷台数ベース)は、2013年では800万台、翌年の2014年では2,880万台、2年後の2015年では8,000万台、2016年はついに1億2,300万台となりました。

2020年には、なんと4億1,100万台となり、ウェアラブル・デバイスの分野も心拍計や血圧計、歩数計などのスポーツ・アクティビティ用のもの、ウェアラブル・カメラ、VRやARで使用されるゴーグルタイプ、時計型やリストバンド型など様々なものが今後製品化され、ウェアラブル・テクノロジーが生活に密着して、世の中の生活様式が大きく変わると予想されています。

ウェアラブルの最先端

ウェアラブルの最先端

Wor(l)d社のウェアブル・デバイスに、Heloシリースがあり、最新モデルは Helo-LX となっています。

Helo-LXの主な機能
  • 心拍数の測定
  • 呼吸数の測定
  • 気分
  • 体の状態(エネルギー)
  • パニックボタン(SOS機能)
  • 血圧の測定
  • 心電図
  • 歩数計・歩行距離・消費カロリー
  • ガーディアン機能(アラート機能)
  • プラグイン機能によるアプリの追加

上記以外にも、今後更に機能追加が予定されており、最先端のテクノロジーを搭載したHeloで、現在のウェアラブル端末の市場を一気に逆転する勢いです。

無限の可能性

無限の可能性

Heloシリーズのアプリケーションの開発は、Wor(l)d社内だけで開発しているのではなく、一般の開発者(プログラマー)向けにもOpen APIというアプリを作成するためのツールを提供しています。

これは将来、HeloのアプリがAppストアやGoogle Playなどのように、HELOAPPストアからダウンロードできるようになり、アプリケーションの数だけ機能も追加されます。

また、Heloの使用者が、有料のアプリをダウンロードした場合、そのアプリからの収益はその紹介者の会員にも還元されます。

今後のリリース

今後のリリース

Wor(l)d社では今後、以下の機能を追加する予定です。
機能によっては、Heloのモデルによっては使用できない場合もあります。

  • 血糖値測定
  • 血中アルコール度測定
  • 血中酸素濃度測定
  • パルスによる診断
  • 血中体温測定
  • 蚊除け
  • 排卵日予測
  • GPSによる現在位置確認

ゲルマニウム ストーン

ゲルマニウム ストーン

高純度のゲルマニウムを埋め込んだチタン製のプレートが3枚同梱されています。
このチタンプレートをHeloのベルトの内側に装着する事により、ゲルマニウムの効力で、痛みをやわらげたり、血行が良くなりカラダによい働きをもたらします。

注) このゲルマニウムによる効能は、科学的に証明されたものではありません。

5色のバンドセット

5色のバンドセット

Heloシリーズには、標準で黒色のバンドがついていますが、別製品として5色のバンドセットを購入することもできます。
バンドルパッケージ製品には、このバンドセットもHeloの台数分パッケージに含まれています。

他とは比較になりません

他とは比較になりません

このHeloは、アメリカのニュース番組でも度々話題の商品として取り上げられており、2017年に実施された、ダイレクト・セリング・プロダクト2017のランキングで直販業界でのベストプロダクト(製品)1位を獲得しました。

スマートバンドの売り上げ

スマートバンドの売り上げ

このプレゼンテーション資料の作成時には、Wor(l)dは、第4位となっていますが、2017年末迄に約100万台以上の生産を予定しており、2018年には、Garminを抜いて第2位に浮上する予定です。

また、ウエルネスやヘルスケア用のスマートバンドの市場では、Wor(l)dは、リーダーカンパニーとして位置づけられています。

バイオゼン BIOZEN

バイオゼン BIOZEN

これは、バイオゼンという、電化製品やスマートフォンから発生するカラダに有害な電磁波を、貼るだけで軽減する電磁波軽減シールです。
これもWor(l)d社の製品です。

インフォリオ INFOLIO

インフォリオ INFOLIO

これも Wor(l)d社の製品で、Infolio(インフォリオ)というスマートフォンです。
通常、携帯電話は電磁波を発生させることで通話を可能にしていますが、このInfolioは、先ほどのバイオゼンを組み込んでいますので、電磁波がほとんど出ない携帯電話となっています。(携帯電話のメカニズムに詳しい方には、この仕組みが理解できないそうです)

Infolioは、既に発売されている国もありますが、日本では2018年発売開始となるようです。
Infolioは現在国内で販売されているスマートフォンと比較してもかなり、ハイスペックな仕様になっています。

Infolioの主な仕様(一部抜粋)

  • デザインは今流行りのベゼルレス
  • スタミナバッテーリー(3,380Mha)で、標準モードで4日間持続
  • ディスプレイは、大型5.5インチ
  • OSはAndroid 7.0
  • CPU: Helio P20 Octa-Core 2.5GHz
  • メモリー: 64GB
  • カメラ(全面): 5 メガピクセル
  • カメラ(背面): 16 + 8 メガピクセル

ファビオ・ガルディ氏

ファビオ・ガルディ

Wor(l)d社のCEO兼代表取締役社長のファビオ・ガルディ氏のテクノロジーと通信分野における、約20年にわたる実績とその才能から生み出されるアイデアにより、2011年にWor(l)d社が設立されました。

World Global Network社(以下、WGN社)は、Wor(l)dの製品を販売するための100%子会社です。
Wor(l)dの製品でビジネスを始める場合、WGN社に会員登録を行います。

主な実績
1994年 イタリアで2位、ヨーロッパでも5位の規模を持つインターネット・サービス・プロバイダー(通信会社)を設立
1997年 メコテック・インターナショナルをシンガポールでスタート
2002年 世界で初となる液晶タッチスクリーンを市場に発表
2005年 成功を収めているVoIP(インターネットの回線に音声データを流す技術:IP電話等)のプラットフォームを開発
2011年 テクノロジーと通信分野で約20年間、培われてきたアイデアをベースにWor(l)dを設立

アレッサンドロ・セナトーレ氏とアントニオ デ・ローザ氏

アレッサンドロ・セナトーレとアントニオ デ・ローザ

Wor(l)d社のCOO、そして共同設立者のアレッサンドロ・セナトーレ氏が、Wor(l)dの報酬プランをサポートしています。

アントニオ デ・ローザ氏は、Wor(l)d社のチーフ・デザイン・オフィサーとして、またセールス・マーケティングを担当しています。
また同氏は、以前アップル社でiPhoneや初期のアップル・ウォッチのデザインを担当していましたが、現在はWor(l)dで製品のデザインを統括しています。

トップ認定

トップ認定

Wor(l)d社は、米国内でも様々な分野で高い評価を得ています。

WRMTの株価

WRMTの株価

Wor(l)d社の株は、OTCPK(ピンクシート)という、ところにWRMTとして登録されています。
株価も2016年1月には、0.26ドルだったのが、2017年1月には20.86ドルまでになり、日々続伸しています。

現在のWRMTの株価は、こちら

グローバルなチャンス

グローバルなチャンス

Wor(l)dのオフィスは、2017年6月現在、マイアミの本社と世界14カ国に支社を展開しています。日本(東京)へは2018年頃に支社を設置する予定です。

この世界規模で設置されたオフィスで、全世界195ケ国をカバーしてWorl(l)dの商品をサポートしています。

現在の支社 (2017年6月現在)
  • シンガポール
  • タイ
  • 中国
  • ロシア
  • インド
  • アイルランド
  • ドバイ
  • チュニジア
  • ベトナム
  • コロンビア
  • パラグアイ
  • ブラジル
  • トルコ
  • 韓国

Wor(l)dのビジネスでの成功者

WGNビジネスでの成功者

写真の女性はチャニーダさんとご主人のナットさんです。下の表は、全世界の直販ビジネスにおける収入ランキングを表したもので、チャニーダさんとナットさんが、4位にランクインしています。
8位には、チャニーダさんの娘であるナティーダさん夫妻もランクインしています。

チャニーダさん夫妻は、Wor(l)dでビジネスを始めてから、約6ヶ月で40位にランクイン、8ヶ月目には9位という短い期間でランクインし、その後どんどん上位に上がってきました。

Wor(l)dでビジネスを行い成功している人が、全世界のトップ200に10人(組)もランクインしています。

成功へのキー

成功へのキー

MLMという形態でビジネスを成功させるには、7つの項目が重要と言われています。

  • 企業:
    まず会社が売上をあげているかどうか?
    売上の少ない企業では、会員となって販売しても収入も少ない。
  • 製品:
    対象となる製品が紹介者に「欲しい!」と思われるような魅力的な製品であるか
  • トレンド:
    その商品が時代にマッチしているか?
  • タイミング:
    安定期に入っている会社では、会社や商品も知られているため、まだ世間に知られていない成長期の会社がベスト
  • チーム:
    一人ではなく、チーム全体で収益をあげられる仕組みがあるか?
  • 管理:
    会員向けの情報提供や会員サポートの仕組み等、会社からしっかりした管理システムが提供されているか?
  • 企業計画:
    Wor(l)d社では、フェーズ1〜3(現在はフェーズ1)までの製品の開発プランに基づき製品の開発を行っている。
    2018年春頃にフェーズ2として、Heloの新モデルに電話機能、時計、決済機能等が搭載される予定

収入開示

収入開示

Wor(l)dでビジネスを始めたとしても、収益はすべてあなたの努力次第です。
WGN社は、会員のいかなるレベルの収入や成功を保証しません。

平均的な会員の収入は、年間500ドル以下となっています。
この額には、会員がビジネスで使用した経費や費用は含まれていません。
WGNの「収入開示」についてはこちら

Helo-LXの紹介

Sponsored Link


コメントを残す