HELO-LXのSOS機能はこんなにすごい!試してみました

HELO-LXには、他のウェアラブルデバイスでは実装されていない、SOS機能パニックボタンがついています。今回は、このSOS機能の設定方法とパニックボタンの使い方を紹介します。

SOS機能とパニックボタンはこんなにすごい!

HELO-LXの数あるすごい機能の1つ、SOS機能(パニックボタン)の設定方法と、実際に使うとどのような事が起こるのかを試してみました。

SOS機能と言うのは、

  • スマートフォンアプリのHekaHeloにあらかじめSOS機能を使用した時にメッセージを送る相手(最大3名)を登録しておきます。
  • HELO-LXを装着しているあなたや、あなたの家族が何か異常を感じた時、HELO-LX本体に付いているボタンをカチカチと2回押します。
  • すると、事前に登録しておいた相手のスマートフォンに、異常を知らせるショートメッセージとEメールを送ることができる機能です。
  • それでは、さっそく設定をしてみましょう。

スマートフォンに緊急連絡先を登録します

ここでは、専用アプリ「Heka」を使用して、設定方法を紹介しますが、同じく専用アプリの「Helo」でも同じです。

  1. スマートフォンの専用アプリの「Heka/Helo」を起動します。
    画面左上の「三本線」をタップすると、画面の下に機能メニューが表示されます。
    三本線をタップ
  2. SOS機能の設定画面を表示します。
    「機能メニュー」を上にスクロールすると、SOSが表示されます。
    機能メニューをスクロール
  3. SOSをタップして、緊急連絡先の登録画面を表示させます。
    SOSをタップ
  4. ガーディアンSOSの画面から緊急連絡先を登録します。
    画面下の「青い丸」をタップします。
    緊急連絡先の追加
  5. 画面の各欄にデータを入力します。
    連絡先の入力
    • 緊急連絡先氏名
      緊急連絡先の氏名を入力して下さい
      (漢字も使えます)

    • 連絡先の国を選択して下さい。日本の場合は、Japanを選択して下さい。
    • 携帯電話番号
      ショートメッセージを送信する携帯電話の番号の先頭の0を入力せずに2桁目から入力して下さい。
    • Eメールアドレス
      緊急連絡先のEメールアドレスを入力して下さい
      (連絡先の人が普段よく使われているEメールアドレス)
    • ユーザーを追加
      すべての項目にデータを入力したら、「ユーザーを追加」をタップして、登録します。
  6. 登録した連絡先が表示されます。
    登録済連絡先

パニックボタンを押して、SOS機能を確認しましょう

登録が終われば、SOS機能をテストしてみましょう。
SOS機能をテストするには、HELO-LXのパニックボタンをカチカチと、2回押して下さい。
このテストの目的は、2つあります。

  1. HELO-LXのSOS機能がちゃんと機能するか?
    パニックボタンを押してSOS機能が正常に動作するか、確認しておくことは非常に重要です。
  2. ショートメッセージやEメールの内容の確認
    ショートメッセージやEメールが受信できることと、その内容を、連絡先に指定した人と一緒に確認して下さい。
    連絡先に指定した人が、いきなり今まで見たこともないメッセージやEメールを受け取っても、スパムメールとして処理するかもしれませんので、この様なメッセージやメールが来ることをあらかじめ、知っておいたほうがよいです。
実際のメール
ショートメッセージ
ショートメッセージ
(Eメールも内容は同じ)
位置情報
URLをクリックすると、パニックボタンが押された場所の位置情報も表示される。
注意事項
SOS機能を使用する際に注意することは、HELO-LXはBluetoothでスマートフォンと接続し、そのスマートフォンからショートメッセージとEメールを発信しますので

  • SOS機能を使用する人のHELO-LXとBluetoothでペアリング済のHeka/HeloでSOSの設定がされているスマートフォンを携帯していること
  • そのスマートフォンが、3G、4G、Wi-Fi等でインターネットに接続されていること

Sponsored Link

コメントを残す